ウェブサイトを翻訳!世界の言語に対応してグローバルなウェブサイトを作ろう

ウェブサイト閲覧者は日本人だけではない!

インターネットが爆発的に発達し、個人でも気軽にウェブサイトを持てるようになりました。それによって場所に関係なく、あらゆる人と交流が持てるようになっています。とは言っても、多くのウェブサイトは日本語のみで構成されており、日本人しか利用できないものがほとんどです。グローバル時代において海外との交流は避けて通れません。日本語だけでなく世界中の言語に対応したウェブサイトが必要です。

日本語以外の言語も使ってみよう

日本だけではない、グローバルなウェブサイトを作るためには翻訳が必要不可欠です。それではどのようにして翻訳すればよいのでしょうか。最も手っ取り早い方法としては、翻訳ツールを使用することです。ウェブサイトに書かれている文字を自動的に読み込み、それを他の言語へ翻訳できるツールが数多く公開されています。それを導入することで一瞬で翻訳が行えるようになります。無料で使えるものもあるのでとりあえず導入しておくと良いでしょう。しかし、この翻訳ツールは非常に便利なのですが、翻訳の精度にやや問題があります。意味を理解する程度であれば十分ですが、精確な表現を行うにはまだまだです。そのため、より豊かで精確な表現の翻訳を行いたい場合は、やはり1つ1つ翻訳する必要があります。もし自分で翻訳が行えない場合は翻訳業者を利用するのが良いでしょう。翻訳業者というとお金が高く付きそうですが、最近ではクラウドソーシングで安い料金で翻訳の仕事を依頼することも可能です。

企業のサイト等で、顧客を日本のみならず海外にも広げていきたい場合、世界中どこからでもアクセス可能なホームページを、英語などの多言語サイト化する事は、海外へのアピールとして非常に有効な手段となります。