これで成績アップ!仕事を効率化する具体的な方法

面倒な仕事は午前中に終わらせよう

どんなに好きな仕事であっても、中にはやりたくないような面倒な仕事もあります。そのような仕事は出来る限り午前中に終わらせるようにしましょう。イヤだと感じる仕事ほど後回しにしてしまいがちですが、イヤな仕事をしない口実を作るための無駄な作業を無意識のうちに作ってしまうことがよくあります。イヤな仕事ほどすぐに終わらせてしまうことで、その後の仕事を円滑に進めることが出来ます。また午前であれば他人から邪魔されることは少ないので、集中して取り組むことが出来ます。

PDCAサイクルを意識しよう

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)のことを言います。これらを順番に回す(サイクル)ことで効率的に仕事を進めることが出来るようになります。仕事を効率的にこなせない人は多くの場合、しっかりと考えて行動していません。言われたことをそのままする、失敗しても改善しない、というようなスタンスです。そうではなく、仕事を効率的に行うにはしっかりと頭を使わないといけません。事前にしっかりと仕事の計画を立て、それを実行に移し、それが失敗したのであればなぜ失敗したのか原因を考え、次にやる時は原因を意識した行動をしてみる、というように改善していく必要があります。これを分かりやすく、そして行動しやすいように教えてくれているのがPDCAサイクルなのです。PDCAサイクル自体はそれほど難しいものではなくすぐにも実行できるものなので、仕事に取り入れてみると良いでしょう。

ワークフローとは流れ図を用いて一連の業務手続きなどを定義すること、またその業務の一連の流れを指します。目的としては業務プロセスが円滑に受け渡すされることとしています。