地球に優しい太陽光発電でエコライフを送ろう!

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電とは文字通り、太陽光を利用して電気を生み出す発電システムのことです。まず、屋根や屋上など太陽光の良く当たる場所に、太陽電池をたくさんつなげたパネル、いわゆる「ソーラーパネル」を設置します。この太陽電池は、太陽の光エネルギーを直流電力に変換する「発電機」の役割を果たしています。発電した直流電力は、パワーコンディショナーを通して一般家庭で利用できる「交流電力」へと変換され、家庭内の様々な家電製品に電気を供給できるようになるのです。

太陽光発電のメリット、デメリット

太陽光発電のメリットとしては、燃料を必要としないので「発電時に排気ガスや燃えカスなどが発生しない」という点が挙げられます。太陽光という自然エネルギーを利用しているわけですから、地球環境にとても優しい発電システムと言えますね。また、光熱費を大幅に抑えることが出来るのも太陽光発電の魅力です。日中は発電している電気を利用するため電気代がかからず、さらに余った電気を電力会社へ売ることができます。夜間は電力会社から電気を購入する必要がありますが、夜間の電気代を安くする時間帯別の契約をすることで効率的に節電することができますね。その他にも、屋内に設置されたモニターで電気の使用状況がリアルタイムで把握できるようになるため、家族の省エネに対する意識が自然と高まる、といったメリットもあります。

このようにメリットの多い太陽光発電ですが、最も懸念されるのは「設置費用が高額」な点です。また、「パネルを設置するため構造物に負荷がかかる」「発電量が天候に左右される」「定期的なメンテナンスが必要」といった要素もデメリットとして考えられます。

太陽光発電の価格は、多くの人の注目を集めています。いわゆる自然エネルギーの活用が急務になっているからです。